金曜日の午後のお芝居

このあいだ六本木の居酒屋で先輩と飲んでいたら役者さんがアルバイトに来ていました。今度主役をやるので来て欲しいとのことで今日新宿御苑のシアターサンモールに大勢で出かけました。

主役の小野田誠司は建築デザイナーですが彼の設計したホテルの現場で一人の職人が亡くなる。

小野田誠司はタイムスリップして新撰組沖田総司になる。

討幕派との戦いで立廻りの場面が多いです。

結構練習を積み重ねたと感じられます。

f:id:onchan19:20170721193353j:image

幕が跳ねた後、先輩と近くで生牡蠣と日本酒、「稲の尾」と白ワインを楽しんだ。先輩が奢ってくれた。稲の尾は茎が長い稲穂だと教えてくれた。その為風に弱く一度絶滅した品種ともお言えてくれた。先輩はお酒に詳しいです。ご馳走様でした。

今日は満席でしたが、それにしても役者さんはよっぽど有名にならないと自活は難しいんだなと思いました。

サラリーマンはやはり気楽な稼業だつたんですかねぇ〜。(^◇^)

先輩の部下だった、昔美女達、いや今もですが観劇に来て、先輩も感激でした。

僕もおこぼれにあやかりました。

 

猛暑が続きますねぇ〜

今日は午前に近所の整形外科の予定のみでしたが、一昨日の川崎市に提出した書類のミスが見つかり急遽午後一番に川崎まで行くことになってしまった。

お天気予報では午後1時頃は気温33度の予報でしたが、何ですかこの暑さ。

携帯の温度は35.7度です。

f:id:onchan19:20170720163008p:image

川崎駅から役所までいつもは徒歩ですが今日はバス🚌にしました。

役所から駅までタクシー、バスもすぐ来そうもないので木陰を歩きました。

写真の歩道に左半分は自転車道🚴ですが、そちら側が日陰になるのでみんな涼しい方を歩いてました。

f:id:onchan19:20170720163441j:image

 

 

 

今日はPRです

今日も暑いです。

そんなことでクーラーの効く部屋で仕事です。

動かないので自身でニュースをつくることは難しいです。

ということでPRです。

昨日、木材利用促進の講演で配られたパンフに事務所のページがあり、昔手掛けた耐震補強工事の写真と相続税対策として敷地と建物を分割のコンサルをしたのがあった。

f:id:onchan19:20170719220714j:image

今日はもう2月ほど前にコーラスに参加していた時に発表会のパンフの写生画が

ソプラノのおばちゃんから届きました。

来週の発表会に見に来てくださいと手紙と入場券が入っていた。

f:id:onchan19:20170719221228j:image

こちらついていけなくて退団したのでコーラスの発表会に行くのは、脚が進まないです。

行けば仲間達とその親族とか友達が来ているし、舞台からも客席の観客も見えるので行くのは難しいですね。

 

お天気激変

午前、川崎市役所で打ち合わせを終えビルの窓から旧川崎市役所の解体現場を見ている時は猛暑の中コンクリートに水をかけながらの工事風景を見ていた。

f:id:onchan19:20170718233458j:image

午後は川崎ラゾーナ側の産業振興会館での木造利用促進会議が始まる頃は激しく雨が☔️降り始めた。

風も吹き折りたたみ傘も風で折れそうなお天気の激変でした。

f:id:onchan19:20170718233534j:image

f:id:onchan19:20170718233602j:image

大成建設のチーフから栄光学園の木造校舎とオリンピック競技場の現場状況も知ることが出来た。

会議の後立食パーティが準備されていたが、赤坂見附でのゴルフ仲間の暑気払いを優先した。

Tさんは池袋のホテルからこちらに来たが、彼の話では池袋のサンシャイン通りは大粒の雹が降って来て道路が川になったと言っていた。

都会の下水道はゲリラ豪雨には追いつけないようです。

 

何故席を譲らなければいけないのか

空き家問題の話を南武線に乗って川崎の商工会議所まで聴きに行った。

電車には向かいの席には小学校高学年か中学生らしき男の子が座っていた。

男の子の前にはご老人がつり革につかまっていた。

キツプも買って、そこは優先席でないのでなんら問題はない。

昔は優先席なんかなかった。

誰でもご老人が来たら自動的に席を立った。

全席が優先席でした。

席を立たないのは生意気な奴か、家の生活が精一杯で親が子供さん達をしつけどころではない家庭の子供とめられていた。

何故席を譲らなければならないか…

ご老人達は昔から老人ではなかった。

電車を開発して、そのシステムを作り上げ今の便利な生活を作って来た人達です。

ですから、子供と老人は対等ではないです。

しかも子供は大人の半額で乗っています。

キツプをお金で買えば同じ権利を持つが、日本に外国人が年々観光に多くくるのは日本人の謙譲の心があるからと思います。

また、AIがどんどん進歩して人間を超えるようになったが、恩とか感謝のようなものは計算できるんだろうか?

 

カエルの楽園

最近ケント・ギルバートさんの本を2冊読んだ。

そのうちの一冊の「日本覚醒」に「カエル🐸の楽園」が面白いと推奨するので読んでみた。

著者は映画にもなった「海賊とよばれた男」の著者でもある大阪の百田尚樹さんです。

平和で繁栄しているナパージュというツチガエルの国に大きなウシガエルが少しずつ侵食してくる。

ナパージュのカエル達は「三戒」の教え

が平和をもたらしてくれると信じている。

1.カエルを信じろ

2.カエルと争うな

3.争うための力を持つな

がその信じるところです。

果たしてウシガエルの侵食を食い止められるのか、最後の結末までどうなるか心配で読み終わった。

f:id:onchan19:20170716224610j:image

 

パテシエリーピラミッド

昨夜は暑く外へ出なかった。

夕飯は近場のパテシエリーピラミッドでカレー🍛でした。

店主は銀座で修行してここ町田市にもケーキと🍰ランチのお店を開いた。

隣がラーメン屋さんで駐車場が共用でラーメン屋🍜さんが駐車場に近く流れが悪い。ラーメン屋さんを通ってお店に入ることになるので先にラーメン屋さんの客引きのお兄さんにお客さんをかられてしまうとぼやいてました。

昼はワンコインランチでお客の入りはまあまああるが、夜は場所がらあまり来ない。

お客さんの入りが少ないので店主とああでもない、こうでもないとお店の盛り上がりを議論した。僕もケーキ🍰部門は明るく、レストラン部分は照明を落とした方がいいとか、テーブルは丸より四角が良いとか提案した。

ビールはハイネケン🍺が良いとか提案したら、アサヒのスーパードライのみで精一杯だという。

修行時代はお給料の半分は、美味しいと評判のお店に行きその結果をノート📓に書きとどめたそうだ。

例えば小麦粉を100とした場合の他の材料分泌をを比較できるようにしたという。

味の良し悪しは本人の体調からして様々な要素で決まるので、一般的な評価は気にしないそうだ。

ミシエランの星⭐️だってヨーロッパでは通用するが、日本での評価は信じないという。

元々タイヤメーカーがガソリンスタンド近くの食べ物屋さんを評価して、目的地のガソリンスタンドに行ってもらうことがミシエランガイドの目的です。

f:id:onchan19:20170717092022j:image

欧州での商談に食事に誘われたら、じっくりメニューを眺めておもむろにシェリー酒を注文して相手を値踏みしながら、さりげなく会話をすすめるとか、食に対するこだわりが強かった。

昨夜はサービスの白ワインを飲んだだけだが、すっかり7時近くまで寝てしまった。

連日暑く、クーラーに当たりながら昨日の水彩画の捕描をした。

f:id:onchan19:20170716150258j:image