血液はばい菌の栄養

3日前の指の経過をみせに医院に行きました。
バンドを看護婦さんが剥がすと、指先に血の塊がこびりついていました。
流しに行き手全体と指先の血液をよく洗浄してから、先生に綿棒の様なもので梳いてもらった。
洗いながら看護婦さんは「血液はばい菌の栄養ですからしっかり取りましょう…」と言いながらビニールの手袋で僕の手と合わさる様に洗ってくれました。
先生には、
肉が盛り上がってきたので、このまま放っておくといいといわれました。
まだ拍手をすると響いて痛いが、少し安心が出来た。
来週ゴルフがあるが人差し指を被せないオーバーラッピンググリップなら、力の抜いたスイングでコンペに参加出来そうな期待も半分持てました。
加齢とともに集中力がなくなり楚々が多くなります。
今回は腰痛をカバーする為に包丁の使い方が雑になったと反省します。
病院の後は農協でビールのおつまみのネギを買って、水彩の続きでした。
水彩画は右手だけで描けます。
ホツ!

そだねージャパン🇯🇵銅メダル獲得おめでとう㊗️

杉花粉を考える

この季節になると杉花粉が飛んで、多くの人が迷惑なことだと考えてます。
しかしこの大量の杉花粉も戦後、われわれが山に植林した杉材が成長して子孫を残そうと花粉を飛ばしているだけです。
この大量の杉材を消費しないと山があれ、崩壊してきます。
国としても、法律まで作り、学校建築は最近木造が増えてきました。
地産地消という言葉がありますが、木材に関しては地産都消ということになります。
今日は国分寺まで木造の7階建てビルの見学会に行きました。
北口を出て左手に折れ2分くらいの商業地にあります。

ビルに入りエレベーターに乗ると木材の芳しい匂いがして癒されます。
中に入ると部屋の柱、梁、床材は木そのものの表しでした。
視覚的にもまた実際も中は暖かかった。

鉄骨造、コンクリート造等に比較しても10%のコストアップだとか説明されてました。
木材の柱は3時間耐火も認定されたので大きな建築物も木材が可能になりました。
あとはいかに普及させるかが問題です。

強くなるにはライバルが

そろそろオリンピックも終盤に入りました。
感じることは一人では強くなれないということです。
今回のオリンピックはそういうのが多いです。
小平奈緒と韓国の李相花
羽生結弦宇野昌磨
平野歩夢とショーンホワイト
オリンピックに限らず、国技の相撲も同じことです。
今朝は水彩画教室ではお面を描きましたが
自分は未熟でライバルと言ってもらえる様な実力がまだ不足しています。

先生が持ってきたお面ですが、ある人にメール添付したらベニスのお面ではないかと教えてくれました。
話は飛びますが、小平奈緒の所属する会社は相沢病院と新聞に見えましたが、どんな病院か今度の報道で気になりました。
羽生結弦のような大きな会社組織では無いのではないかと感じます。
ANAののような大組織であれば、一人くらいオリンピックに専念しても会社業績に響かないけど、規模が小さいと大変です。

パイナップル切りが指切りに

パイナップル🍍を買ってしばらく放って置いたのでソロソロ皮むきをしないと思ってました。
朝、パソコンを打ち終わって、次の用事の合間にパイナップル切りをやってしまおうと決意して棚奥からマイ包丁を取り出し作業を始めました。

3/4ほど完了したところで誤って人差し指を切ってしまった。
血は出てくるし、オロナイン軟膏、傷テープを探すがなかなか見つからない。
2番目の引き出しにあると言うが、無い。
結局、お向かいさんにガーゼとテープをいただき応急処理が出来ました。
近所の医者を探すが、意外と外科医とはお付き合いが無いので探すのが難しいです。
近場で早く対応してくれそうなところはなかなか…
結局いつもの病院の外科にしました。
新規のところはカルテ作成から始まってしまう。
病院での処置は、…
皮膚欠損用創傷被覆材を指に貼り付けてくれました。
四日後に経過を見るということで、予約しましたがしばらくはパソコンも片手入力になるかなぁ〜
外科は患者は少ないですね。
次の患者さんはおデコ近辺に包帯を巻いてました。着ているもの、バッグなどからして学生のどこかのチーム選手の様な雰囲気出した。
スポーツ選手など若い人がよくお世話になるセクションかも…。
今日の絵画展のご案内はキャンセルでした。

今日はソロソロ疲れました

絵画展5日目です。
午前に昔の広報委員のメンバーが来てくれて、ご案内の後、お向かいの蕎麦屋さんでお食事後は保育園の竣工検査ということで早々と別れました。
その後は午後4時の来客予定でしたので、空いてる5時間を映画でも見ようと思っていましたが、事務所協会から留守電の転送電話が入りました。
役所から今年はじめての仕事の依頼が来たみたいです。
仕方なく一旦自宅に戻り、仕事の募集案内を作成してから絵画展に行きました。
午後の来客は自宅のお向かいさんです。
筋向かいのご主人も絵画というよりは絵画の閉店後の飲み会が主目的の様でしたがなんとかご一緒に案内出来ました。

つまらない絵ですが遠慮して、コメントは無しでした。
カフェみらいのオーナーと3人で隣の居酒屋「椿」でそれぞれの老後の楽しみ方なんかお話して時間を楽しみました。
若いママさんと4人で記念撮影をしました。
駅の階段でお向かいの旦那さんが僕の腕を掴んで階段を登るので大丈夫ですと言ったが、僕が酔ってると早合点したようです。
今日は疲れていると思い一度自宅に戻った時にリポビタンDを飲みましたが、やはり疲れている時は酒の廻りも早いかもしれないと感じた1日でした。
オーナーは今度マンションの理事長になり、マンションの建て替え計画を実行してました、それは僕にやらして下さいとお願いしました。
勿論この酒場での話しではOKでした。
建築は酒の席で仕事ご動くことが多いですね。
割り勘でしたが、端数は僕の事務所経費でました。こんな少額で仕事が来るとは思いませんが、気持ちは伝わると思いました。

美女二人との美登利寿司ランチに失速

今日はJちゃん、るみちゃんとの梅ヶ丘美登利寿司ランチの🍣デートを約束しました。
一応お店にランチ予約を入れましたが、まだしばらくは食べ放題ランチ優先で予約をお店から拒否されました。
予約なしで梅ヶ丘まで行きましたが、お店の前は20〜30人の人だかりでした。
美登利寿司を諦め駅近くにイタリア🇮🇹料理店があったのでそこに入りました。
そこもご年配者で満席で、店長が30分は待ちますが如何しますかと問われました。
30分どころかもっと待ちましたが、パスタランチを食して駅反対側の羽根木公園を散策しました。
丁度梅まつりでした。


あ互いにジジババにはなっていますが、一応青春気分になって肩寄せ合って写真を撮りました。
3人で撮れる様にリュックにカメラの三脚を入れておきました。
公園の梅を楽しみに来た人達にモテモテで妬まれない様に、少し脇道でこっそり撮影しました。
彼女たちの笑顔はここにはアップ出来ませんがみんな喜んでました。
夕方少し寒くなったとこでお茶しました。
るみちゃんが愛のチョコレートを🍫みんなに配ってくれました。

今日の目的は美登利寿司ランでしたので、別れ際にそれぞれお寿司のお弁当を🍱買いました。
家内も美登利寿司食べたいと言っていたので、ごますりも含め穴子寿司を含めて2パック求めました。
今日は仕事の話、絵画展の来客の話しなどデート中に電話が入ってきて忙しかった。
明日はまた、2回座間です。

絵画展三日目

今日は板橋から昔のたび仲間ご夫妻がカフェみらいに来てくれました。
会場には素晴らしい水彩画が何点もあり、ちょっとここまで来ていただくにはまだまだ精進が足りないと思ってます。
どうも建築を仕事にすると水平、垂直の線がないと落ち着かないです。
それでなかなか草木、山並み、水面とかが出てくる風景画には取り組めなかったです。
今日、画廊のオーナーから学んだことはガッシュで白を上描きできることです。
はねた滝の水飛沫がかけることが知れて良かったです。
絵画展の後は座間にはこれといった食事処がなく、新百合ヶ丘までご足労いただき久しぶりに予約した個室でみんなで慰労会になりました。


駅改札口でお別れしてからメールにパンジーの花のちぎり絵を、出展したUさんから、ご子息と来られたとありました。
僕が帰った後にすれ違いで来られたとオーナーの山内さんからお聞きした様でした。
今週はつまらない絵に義理堅く来られるので昼とか夜の対応にてんてこ舞いです。
新百合ヶ丘を、歩いていたら川崎市議会の美人議員のこばりかこさんが街頭でパンフレット配っていたので、お声を掛けました。
お願いしていた囲碁クラブは二ヶ所取り敢えず見つけましたとご報告しました。
りかちゃんは探せなくて、申し訳ないとか言ってました。
敬老会でお会いして以来です。
そろそろ春のバーゲンのジーパンの裾あげが👖できる時間になりましたので、今日のブログはここまで…。
鶴見川を歩くと今日は珍しいのが二羽いました。