持つべきものは友達

腰痛には長年苦しんできました。
今月も月初めに伊豆長岡の温泉場にある治療院で施術してもらいました。

それほど、時間が経ってないのに今朝は寝起きの歯磨きから腰痛が強くてどうにもならなかった。

昔、中欧の旅でハンガリーの郵便局の向かいのレストランで食事を同席した旅仲間に電話しました

以前から、僕の腰痛を心配してくれて、いいところを紹介すると言ってくれてました。

朝食後に思い切って、電話をしたら、その場所と紹介者を教えてくれました。

その場所はハリ灸の治療院でした。

朝メールしておいたら、10時過ぎに電話が来ました。先生は多くいるがお目当ての先生は無理だが他の先生なら3つほど空いてる時間帯があるという。

すぐ行くからと一番早い時間帯を予約して出かけた。

日中は日陰がなく猛烈に暑く汗が💦吹き出します。

脈を診たり、針を打ったり、お灸のもぐさに火を点けたりしてましたが、痛み、お灸の熱さは何も感じなかった。

初めての人なので、最初は軽めにやったようです。

治療中話しを聞いてると、僕の血圧、腰痛、頻尿は原因は腎臓のエネルギーが落ちてるということです。

西洋医学ですと、対処療法なのでそれぞれの専門医に診てもらいそれぞれの医師が医師の判断した薬をくれるので、身体の内臓の負担が大きくなる。

今日は歩きが軽くなったような気がするが明日も様子を見てみよう!

塀の耐震診断担当者見つかる

連休明けの今朝も相変わらずの猛暑でした。
降血剤をもらいに、医院の帰り道でした。

協会の事務の女性から電話がありました。
先週より募集をかけていた、塀の耐震診断の担当者募集をしてましたが応募者が0でした。
その担当者が見つかったとの事でした。

応募締切日を過ぎてから事務局に応募依頼が来ました。

今回のは開業医の敷地の中に6mもの塀があり構造的に地震に耐えるのか、の不安から依頼が来たものです。

大阪地震で倒壊のニュースを見て不安になられたと思います。

一件落着でホッとしました。

帰り道、郵便局で西日本豪雨災害の義援金を少額赤十字さんに振り込んできました。

こっちもいつ災害にあうかもしれないので、その時はこちらにも援助を期待しての気持ちからです。

毎年の猛暑が当たり前になって来ました。

地球の温暖化の影響だと思います。
CO2を削減しないと、CO2の膜が地球を覆い地球の熱が宇宙に放出されなくなってきたことも考えられます。

半世紀前、小学校でプールが出来た時、25度になったらプールに入る許可が出ました。

当時25度はすごく暑い☀️という意識がまだ残ってます。それが今では…

これから地球🌏号はどうなるのか、不安です!

岡山から桃が

倉敷の街を描いていたら、
ヤマト運輸の配達員が桃🍑ほか段ボールを3つ持ってきた。
汗がダラダラ、この暑さの中を…

しかも、配達員いわく車のクーラーが壊れてしまったという。
玄関に入ってもらい、冷蔵庫の麦茶を飲んだもらつた。
彼、一気に飲んでしまった。

早速、冷蔵庫で冷やして岡山の桃を食べた。
生き返ります。

岡山は桃太郎伝説の地で吉備団子🍡もありますよね。

岡山の倉敷の街を描いてたら津市から「白鳳」が届いたんです。

なにかのご縁ですかね!

あまりの猛暑に外に出なかったが、腰痛対策に夕方から少し散歩に出た🚶‍♂️。

20分も歩けば汗💦びっしょりです。

鶴見川の鉄橋を渡る小田急線の写真をスマフォで撮ってみた。

さすがに暑さから電車の乗客は少ないように見えます。

去年の今日も猛暑

夜日記を書いてたら作年の今日の気温が35.7どでした。

暑いので自転車で🚲いつもの散歩コースを走ってマックに入ったら、冷房が緩めなのか汗が吹き出してきます。

昼に冷し中華をと車で外に出たら車の外気温は40度を示してました。

去年も外に出ず1500歩でした。

今日は夜にポストまで歩いたので3400歩でした。

水彩画描いたり、テレビ観て過ごした。
夏は電気の使用量が多くなりますね。

水彩画の方はほぼできました。

囲碁取りやめ

朝から気温がどんどん上がり、朝8時には30度を超していました。

全国的にも猛暑のテレビニュースでした。

杉並の医師会館で囲碁の同好会が予定されてましたが、ドタキャンしました。

理由は単に暑いからです💦。

スマフォで気温を見ると36度ありました。

そんなことでクーラーを入れて、描きかけの水彩画を描いてました。

途中で休み休み麦茶を飲んだり、食べかけのスイカを冷蔵庫から出して、暑さを凌ぎました。

明日も暑いらしい😵💦!

藤森先生の講演会

猛暑が続きますが
夕刻から横浜開港記念館で藤森先生の講演がありました。

テーマは自然素材を生かした建築の作り方でした。

先生は1946年生まれで東北大学建築学科を卒業して、45歳から設計活動をするようになった。

もともとは建築の歴史がご専門ですが、今ではSNSを通じて海外からも設計依頼がくるという。

夕刻からの会場は満席でした。

講演会が終わって入口の階段を下りたところで
意外にも、建築士会の囲碁同好会のおばちゃん設計士にお会いした。

建築の世界は狭いですね。

舗道の街灯が横浜の港町の雰囲気を醸し出していました。

水彩画と洞窟

午前は写真を見ながら、倉敷の街の水彩画を描いた。

倉敷の空の柳と石造の太鼓橋の奥に澱む水を描いてみようとした。

教室ではサッカー、フランス🇫🇷ベルギー🇧🇪戦の話、テニスの錦織選手の話題が飛び交っていましたが、こちら両方とも観戦してないので蚊帳の外でした。

2時間でここまでです。

午後から障害者の住宅改造の現場立会いがあったので、教室終了後みんなと別れて電車に飛び乗りました。

電車を降り、スーパーの中のパン屋さんで簡単なランチを済ませて徒歩で目的の住宅に向かいました。

駅が9分ですが、うだるような暑さでした。
対象者のお宅は蔵があるほどの立派なお宅でした。

調査してたら、リハビリセンターのAさんがここには洞窟がありますよ、というので見せてもらいました。

遠くからで、はっきりしないが戦時中の防空壕の残骸かと思った。

今日は倉敷と蔵、穴倉にご縁を感じました。

帰り道、役所の若い担当女性と駅まで歩いたがこちら、汗💦びっしょりです。

彼女は日傘をさすが、こちら雨傘は忘れなかったが、帽子🧢を忘れて、きつい徒歩🚶‍♂️になった。

彼女の傘に入れてとは言いづらいですね。
男子としては…