ダメ男でも人生終わらなければわからない

御殿場の虎屋をナビに入れて着いたところは虎屋御殿場店でした。

ちょっと意図したところと違うので、お店の中に入って店員さんに尋ねたら、とらや工房と教えてもらった。

ここから東名高速道路の反対側に10分の距離だとわかった。

とらや工房は森の中にあります。

ここでどら焼きと煎茶🍵セットでひと休憩して、その敷地の一角にある東山旧岸邸を見学しました。

岸信介さんの晩年のご自宅です。

これを設計したのが、今では有名になっている吉田五十八です。

太田胃散の創業者の息子さんで58歳の時に産んだので五十八(いそや)と名付けたという風に言われています。

学生時代は大学を8年かかって卒業しています。

当時学生たちは近代建築を目指して切磋琢磨していましたが、吉田五十八は自分には合わないと降りてしまい和風建築に専念したそうです。

岸邸はなかなか当時としてはモダンで素晴らしい建築です。

歌舞伎座とか大磯の吉田邸は有名です。

ダメでも人生最後まで頑張ればいけるということです。